【東京・札幌】高品質なサービスを適正料金で提供する税理士法人
BPS税理士法人
0120-973-980

料金表《個人》

所得税(確定申告)

基本料金3,000
事業所得30,000
不動産所得(事業的規模)30,000
不動産所得(事業的規模以外)20,000
給与所得3,000
年金所得3,000
雑所得(FX等)5,000
寄付金控除(ふるさと納税等)1,000/5件
消費税(原則)15,000
消費税(簡易)10,000
住宅ローン控除(初年度)12,000
住宅ローン控除(次年度以降)3,000
医療費控除5,000
生命保険料控除等1,000
譲渡所得(株式等)10,000
譲渡所得(不動産等)別途相談
確定申告料金計算例

関連記事

2020/05/12
新型コロナウイルスの影響による給付金、協力金、特別定額給付金等の課税関係
新型コロナウイルス感染症の影響により、国や地方自治体が様々な名目で金銭の給付を始めました。 「持続化給付金」「東京都感染拡大防止協力金」「神奈川県感染拡大防止協力金」「千葉県中小企業再建支援金」「埼玉…

2020/05/06
国税の特例猶予申請
令和2年4月30日に納税の猶予の特例(特例猶予)を創設する「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律」が成立しましたのでポイントを絞ってご説明いたします。 こ…

2020/04/21
新型コロナウイルス感染症に関連する税務上の取り扱い(所得税)
国税庁は、4月13日に、新型コロナウイルス感染症に関連する税務上の取り扱いに関するFAQを更新しました(全文はこちら)。 これにつきましては、特に新たに設けられた規定等は一部を除きございませんが、来年…

2020/04/14
申告・納付期限の個別延長指定による期限延長手続
既報の通り所得税の確定申告期限が延長されましたが、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方については、4月17日(金)以降であっても個別に申告期限延長の取り扱いが受けられることにな…

2020/04/09
非居住者の確定申告と納税管理人
グローバル化に伴って、海外に駐在する方や海外で起業する方などが増えていますが、そういった方々が「非居住者」に該当する場合は、税務上の取り扱いが変わってきます。今回は非居住者の確定申告や納税管理人につい…
タグ:

2020/04/09
新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)のうち、納税猶予の特例制度(案)
閣議決定段階ですが、新型コロナウイルスの影響による納税猶予の特例制度つきましてご案内いたします。   概要 新型コロナウイルスの影響により、事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間 …

2020/03/30
不動産を購入した場合に土地・建物・建物付属設備の取得価額を区分する方法
サラリーマンをやりながら副業で不動産を運用する方はたくさんいると思いますし、これから投資用不動産の取得を考えている方もいらっしゃると思います。どうしても不動産というと利回りばかりに目が行きがちですが、…
タグ:

2020/03/30
新型コロナウイルス関連税金の申告期限と納付期限の延長
新型コロナウイルスの感染の拡大によって、様々なところに影響が出ていますが、税金に関しますと、申告期限や納付期限の延長が発表になっています。どんな人が特例の対象になるのか、感染しなくても対象になるのか、…
タグ:

2020/03/30
ストックプランの確定申告
株式会社の経営者や従業員が自社株を一定の行使価格で購入できる権利であるストックオプションは、急成長を目指すベンチャー企業などで優秀な社員を採用するために活用されたり、役員や従業員のモチベーションを上げ…
タグ:

2020/03/29
新型コロナウイルス感染症に関連する税金の申告期限及び納付の延長等
ご存知の通り、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和元年分の確定申告における申告・納付期限について、申告所得税・贈与税は、従来の申告期限である令和2年3月16日から、個人事業者の消費税について…

もっと見る>>