【東京・札幌】高品質なサービスを適正料金で提供する税理士法人
BPS税理士法人
0120-973-980

相続税の申告・納期限に係る個別指定による期限延長手続きについて

相続税の申告・納期限に係る個別指定による期限延長手続き

先日、国税庁より、所得税・法人税等に続いて、相続税についても新型コロナウイルス感染症の影響による申告・納付の個別延長についての発表がありました(詳細はこちら)。

その概要等につきましてお知らせいたします。

 

概要

新型コロナウイルス感染症の影響により、相続人等が期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、個別に申請していただくことにより期限の個別延長が認められます。

 

やむを得ない理由とは

新型コロナウイルス感染症に感染した場合はもとより、新型コロナウイルス感染症の影響によって相続人等が次のような状況となっていることにより、申告をすることが困難なケースなどが該当することになります。

(例)

  • 体調不良により外出を控えている場合
  • 平日の在宅勤務を要請している自治体にお住まいの場合
  • 感染拡大により外出を控えている場合

その他、感染症の影響を受けて申告・納付期限までに申告・納付が困難な場合には、個別に申告・納付期限の延長が認められます。

 

ご注意

個別の申請により申告期限等が延長されるのは申請を行った方のみとなり、他の相続人等の申告期限等は延長されません。

 

個別延長の場合の申告・納付期限

新型コロナウイルス感染症の影響により、期限内に申告・納付することが困難な相続人等については、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2か月以内の日を指定して申告・納付期限が延長されることになります。

つまり、相続税の申告書等を作成・提出することが可能となった時点での申告・納付でよいこととなります。

 

申請・届出の個別延長

相続税に係る各種申請や届出など、申告以外の手続についても、新型コロナウイルス感染症の影響により、提出が困難な場合は、個別に期限延長の取扱いを行うこととなっております。

 

手続き

別途、申請書等を提出する必要はなく、申告書の余白に「新型コロナウイル スによる申告・納付期限延長申請」である旨を付記することとなります。

そのため、当初の申告期限以降に、申告書を提出する場合には、新型コロナウイルス感染症の影響による申告期限及び納付期限を延長する旨を以下の方法で記載・入力します。

  1. 書面提出の場合 申告書の右上余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載
  2. e-Taxの場合 申告書等送信表(兼送付書)の「特記事項」欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力

    ※ この場合、申告期限及び納付期限は原則として申告書等の提出日となります。

以上参考になさってください。